日本初への挑戦!情報通信ネットワークは
「便利だね」が励みになります

ヒデミツの政

北方ジャーナル2009.OCTのクローズアップ 佐野秀光 新党本質代表の特集記事2【Vol.6】

カテゴリ:ヒデミツの政

さきの第45回衆議院総選挙において比例代表北海道ブロックから出馬した佐野秀光新党本質代表への単独インタービュー記事が時代を撃つ北の報道・評論誌「北方ジャーナル」2009年10月号に掲載されました。その主な要旨をご紹介します。

 受かるための出馬ならず−。そう明言する若き佐野代表の訴えは、一見して過激なものばかりだった。だが、いずれも決して奇を衒ったわけではなく、思うところを包み隠さず述べていたに過ぎない。政策そのものが受け容れられるかどうかで勝負したという意味では、極めて真っ当な選挙活動だったと言えるだろう。

小5で作文、「年金破綻する」

−それで、このマニュフェストなんですけど......。
「はい、『自殺するなら臓器提供しようよ』とかですね」

−そうです。まあ、かなり素直だとは思うんですが、素直過ぎるというか身も蓋もないというか。
「いろんなところで公表してるんですけど、実はぼく自身が臓器提供を待っている身なんです。小児糖尿病という珍しい難病で、1日5、6回のインシュリン自己注射を一生続けなくてはならない」

−移植を待つ立場からすれば、自殺していく人たちの臓器がもったいないと。
「いえ、別に自殺者の臓器を欲しいというわけではないんです。要は、健康な身体を持っていながらなんで簡単に死んじゃうんだよ、と。生活苦から仕事の悩みか人間関係か、どんな理由なのかは知らないけど、そんなことで死んでんじゃねえよ、と。死ぬような苦しみを抱えて必死で生き続けてる人間に対して失礼じゃないか、っていう」

−たしかに、自殺者は今世紀に入ってから急増してます。
「年間3万人以上ですよ。交通事故より多いんですよ」

−しかし、自殺に異を唱える一方で安楽死を認めるようなマニフェストもありますよね。
「これも似たような皮肉というか、電車に飛び込んで大勢の人に迷惑かけるぐらいなら、臓器を残して安楽死したほうが人のためになるよ、というメッセージです。あと、もう一つの理由として、不治の病で手の施しようがない患者さんや何十年も病床にあるお年寄りに、自己決定による安楽死という選択肢を与えてもいいじゃないかという意味もあります。これはかなりの支持をいただきましたよ。高齢の方たちからの応援がものすごかった。団地とかに行くと、車椅子の人もわざわざ出てきて『頑張ってくれ』って。病院の前なんか、ものすごいリアクションでした」

−ふつう、病院の前って音量絞ったり、ちょっと遠慮しますよね。
「ぼくは、敢えて病院前に駐めて演説しましたね。マニフェストの中に『医師の公共財産化』というのがありまして、つまりは誰でも平等に良質な医療を受けられるようにしようということも訴えてたんです。極端な話、高額所得者は医療費全額負担、お金のない人はタダ、とね」 

−それに則ると、佐野さんは全額負担ということになりますが。 
「何年か前に『今の制度はおかしい』と思って以来、全額負担してますよ。月初めに『保険証見せて』って言われるでしょ。あれがどうも不愉快だった。お金とれるって保証がないと診てくれないのか、だったら全額払ってやるよ、っていう」 

−なるほど。同じ理屈で、お金ない人はタダでも診てあげるべきだと。
「所得に応じた負担を設定すべき、ということです」 

−それはたしかに、お年寄りに歓迎されそうだ。 
「スタッフも驚いてましたね。選挙カーが目立つから若い人が集まるだろうというのはある程度予想してたんですが、高齢の皆さんからの支持は予想以上だった。...あと、公務員の人たちからも大喝采」 

−「給与引き上げ」の主張がウケて。
「道庁前で演説やったら、もう握手攻めですよ。激励のメールも、道職員からバンバン届いて」 

−なんでまた、人件費を上げようという。
「そのほうが却って無駄がなくなる。これは本気でそう思っています。見せかけの給与カットなんて、実際には何の効果もありませんよ」 

−少なくとも、思ってても口には出せないことになっていますね。
「ただ、政治家については逆ですよ。議員報酬は減らすべきだと思います。報酬は減らして人数を倍にして権力集中をなくす。」 

−それも、あまり聴かない意見です。
「何でもそうですけど、『もしかしたら違うんじゃないか』『ほんとはこういうことなんじゃないか』ってことは、政治家ほど口にしませんね。官僚は官僚で、都合の悪いことはひた隠しにする。公的年金の破綻がいい例です。ぼく、年金制度について作文書いたことあるんですよ、『これは絶対にいつか成り立たなくなる』って。小学5年生のころ」 

−おお。その通りになってます。 
「うちのおばあさんとか母親とかが、やたら『年金はありがたい』って言ってたんですよ。『払った以上に貰えるなんてねえ』とか。それをいつも耳にしてて、子供ながらに『どうもおかしいぞ』と。誰かが得をしてるんなら、誰かが損をする筈だと。そういう疑問から始まって、いろいろ調べたり、考えたりした結果、『絶対に成り立たない』と。『これは国を挙げてのネズミ講だ』って。当然、役人も当時からそんなこと知ってた筈ですよね。でも、最近まで決して認めようとしなかった」 

−国民も気づかなかった。 
「まさしく気づかなかった。マスコミもまったく追究しようとしなかった。」<次号続く>

北方ジャーナル2009.OCTのクローズアップ 佐野秀光 新党本質代表の特集記事3【Vol.7】

カテゴリ:ヒデミツの政

さきの第45回衆議院総選挙において比例代表北海道ブロックから出馬した佐野秀光新党本質代表への単独インタービュー記事が時代を撃つ北の報道・評論誌「北方ジャーナル」2009年10月号に掲載されました。その主な要旨をご紹介します。

 尊敬する人物は「父親」。その父は、いつも三つのことだけを言っていた。「とにかく日本一になれ」「人が右と言ったら左を向け」「"大人"に好かれる人間になれ」−。商売は要領よく、政治は愚直に、の信条が生まれたのは必然だった。その父は昨年1月に世を去り、息子の出馬を眼にすることが叶わなかった。

日本で最も撮られた選挙カー

−変わった教育方針だったそうですね。
「テレビのニュースを毎日みせられて、『今日はキャスターに文句を言え』とか『今日は褒めまくれ』とか言われるんです。ちょっとでも突っ込みが甘かったりすると、すぐ叱られる。叱られるのが厭で、そのうち誰よりも先に新聞を読むようになりました。朝早くから町をうろうろして、読めない漢字を見つけたら近所のおじさんに訊いて」 

−気づくと政治を志してたと。のちに病気になってからも、挫折には到らなかった。
一生治療が必要だと知って、一時期はかなり絶望しましたけどね。それこそ死にたいと思ったこともある。実際、同じ病気の友人たちが何人も自殺してるんです。病気そのものに加え、ひどいいじめに会ったりとかの辛さに耐えきれなくて」 

−病気は、いわゆる指定難病にはなってない。
「じゃないですね。ずっと原因不明で、誰がいつ発症するかわからない。これも運命と受け容れるしかないですよ」 

−選挙を意識し始めたのはいつごろなんですか。
「十年ぐらい前から、『自分がいなくても会社が回る体制をつくっていこう』と意識し始めました。ちょうど創業20周年の今年になって、目途がついたという感じです」 

−スーパーカーを使ったりとかの方針も、もともと決まってた。 
「ていうか、単に自分の車を選挙に使ったっていうだけ。余計なお金かかんないし、目立つし、一石二鳥だと。人件費もほとんどかかってません。街を走ってたら『ハマー運転させて!』とか『カウンタック乗せて!』とか、若い人がどんどん集まってくる。『乗ってもいいけど手を振ってね』って言って、気づいたらボランティアの運動員になってた、という。今どき、仕事休んで選挙運動なんて利益誘導あるとしか思えないでしょ。うちは完全ボランティアで、黙ってても『乗せて乗せて』って」

−あの車と「本質」の名前は、強烈に記憶に残りますよ。
「たぶん、こんだけ写メ撮られた選挙カー、ほかにないでしょうね」 

−来年は参院選がありますけれども......。 
「もちろん出ますよ、新党本質で」

7,399票の中に、自身や親族の票は含まれていない。住民票を東京都内に置いたままだったからだ。投開投票日の8月30日、札幌市北区の選挙事務所は午後8時を回ってももぬけの殻だった。
「得票数はともかく、当落ははっきりしてましたからね。みんなと一緒にススキノで飲んでました」
 10歳代からそつなく世を渡ってきた起業家は、たしかに政治の舞台ではあまりに正直だった。言葉通り、来年の夏にはまたどこかで彼の名を見かけることになるだろう。
「次は100パーセント自民の勝ちでしょう。ぼくが自民に?ないない。200パーセントありません」
 やはり「受かればいいってもんじゃない」という考えは、ぶれることがないようだ。
「ぼくの考えに近い人たちが投票してくれたら、それが本望。それこそが健全な民主主義じゃないですか」

病気はなりたくてなるわけではないので、病気の際の医療費の負担を 国民からなくすことが一番優先すべき課題だ 【Vol.8】

カテゴリ:ヒデミツの政

ヒデミツの一番の重点課題は医療問題です。公務員としての医師を増員して、原則医療費を所得に応じての負担とし、高額所得者は保険証を使わずに全額自己負担、低所得者は全額無料にすべきです。

医療費の負担割合を一律3割とせず、所得に応じた負担割合を提案しています。

高速道路は行きたくて行く訳ですから、行きたい人が高速料金を払えば良く、医療はなりたくてなる訳ではないのですから国民の負担をなくすことが生活第一の政治ではないでしょうか。

リスクを恐れる人間は、一生リスクに付きまとわれる【Vol.9】

カテゴリ:ヒデミツの政

ある人と話をしていて大変にがっかりしました。
その方は大きな会社に勤められている方ですが、今の時代の景気の悪さに心配しております。その心配をしている姿をみて、これを子供に見せられるのかを心配に思いました。どうして皆リスクを恐れるのでしょう。
リスクの無い人生なんてありません。
どんなに大きな会社に勤めていても、つぶれることもあるでしょうし、自分が明日、脳梗塞かなんかで働けなくなることもあるでしょう。 
リスクを恐れる人間はリスクに付きまとわれます。
リスクを恐れて、「石橋を叩いているようなオヤジの姿を子供に見せられますか!?」私は絶対に見せられません。 

ぜひ自分を守りたいのであれば、今すぐリスクと立ち向かえる精神力を持ってください。

痛みを伴う政策を言うのが政治家の仕事【Vol.10】

カテゴリ:ヒデミツの政

政治は国民の為にあります。
これは国民に良い事ばかりを言って騙すことではなく、国民にとって敢えて辛いけど、いた仕方がないことを勇気を持って言うことではないでしょうか?マニフェストには必ず、様々な政党は国民に対して厳しい事を言い、そして何故それを行わなければならないのかの説明文も添えて作成することこそ本来のマニフェストです。
政治家は、見せかけの事ばかり言っては唯の子供の選挙ゲームになってしまいます。だからこそ、
必ず、国民に対して敢えて悪者になる必要があります。民主党のマニフェストなんて私なら鼻で笑って後ろに投げ飛ばしちゃいます。
唯の人気取り政策だから。
大体、国が自分に何かをしてくれることを期待してはいけません。日本は社会主義ではないのですから、社会に期待すると必ず裏切られます。
昔の小泉総理の言った「痛みを伴う政策」こそが正に本当の政策です。 
◎政策=痛みを伴う 
痛みを伴わない政策などは誰でも言えて、寝ていて夢の中で見るだけで十分です。
国民はみんな理想しか追っていないので、納得できる痛みを伴う政策を言うことこそが政治家の仕事ではないでしょうか。