日本初への挑戦!情報通信ネットワークは
「便利だね」が励みになります

ヒデミツの政

痛みを伴う政策を言うのが政治家の仕事【Vol.10】

カテゴリ:ヒデミツの政

政治は国民の為にあります。
これは国民に良い事ばかりを言って騙すことではなく、国民にとって敢えて辛いけど、いた仕方がないことを勇気を持って言うことではないでしょうか?マニフェストには必ず、様々な政党は国民に対して厳しい事を言い、そして何故それを行わなければならないのかの説明文も添えて作成することこそ本来のマニフェストです。
政治家は、見せかけの事ばかり言っては唯の子供の選挙ゲームになってしまいます。だからこそ、
必ず、国民に対して敢えて悪者になる必要があります。民主党のマニフェストなんて私なら鼻で笑って後ろに投げ飛ばしちゃいます。
唯の人気取り政策だから。
大体、国が自分に何かをしてくれることを期待してはいけません。日本は社会主義ではないのですから、社会に期待すると必ず裏切られます。
昔の小泉総理の言った「痛みを伴う政策」こそが正に本当の政策です。 
◎政策=痛みを伴う 
痛みを伴わない政策などは誰でも言えて、寝ていて夢の中で見るだけで十分です。
国民はみんな理想しか追っていないので、納得できる痛みを伴う政策を言うことこそが政治家の仕事ではないでしょうか。