日本初への挑戦!情報通信ネットワークは
「便利だね」が励みになります

ヒデミツの政

安楽死の選択肢【Vol.3】

カテゴリ:ヒデミツの政

安楽死の選択肢が自己の判断で行え無駄な死をなくせる安心社会の創設
 ・病気その他健康的な理由による苦痛から解放させてあげる死の選択肢も必要ではないでしょうか
 ・倒産、リストラがあってもいつでも楽に死ねれば最後の最後まで頑張れませんか
 ・結果どうせ死ぬのであれば臓器移植で一人の命を救いませんか
臓器移植を前提として安楽死を自己実現の可能性を提供することにより無駄な死をなくします。

世界でも経済的に大変恵まれたこの日本では現在自殺者が3万人を超す状況になっております。将来への不安と置かれている状況に対する絶望感が多くの原因であるといわれており、政治の仕事は国民に将来の不安を感じさせないことが最も重要であり、その為には、いつでも自分の意志一つで苦しくなく簡単に死ねる環境を作ることにより、最後の最後まで頑張ろうとの思いにも成れ、無駄な死をなくすことが出来ると考えています。また、病気、高齢等の身体的理由から身内に迷惑をかけたくないとか、これ以上痛い思いをしたくないとの思いを持っている者には尚、早い段階で自己の安楽死という選択を容易にさせてあげたいと思います。


 また、在監者においては、仮に死を選択したいのであれば、死後の特赦を条件に安楽死の選択肢も可能にしたいと思います。そして、1日も長く生きたいと思っている病気で苦しんでいる人の中で、臓器移植を待ち望んでいる人は大勢おりますが、今のところ日本の安楽死への法整備の遅れやその難しさから臓器不足の事態が慢性化しております。そこで、どうしても止むに止まれず死にたい人には臓器提供を条件に楽に死ねる安楽死の選択を可能とし、死後その臓器を臓器移植を待つ患者に提供し死を選択した自己が世の中の役に立てたと残された遺族も納得できるという、「無駄な死をなくし」後悔しない人生を送れる世の中にしたいと考えております。