日本初への挑戦!情報通信ネットワークは
「便利だね」が励みになります

ヒデミツの恩人

情報通信ネットワークの佐野秀光社長が、頑張ってきたエネルギーはたくさんの出会いです。同級生の井上さんに高校、大学時代のヒデミツの素顔を聞く連載企画の第1弾。

第1回 とにかく目立つ高校生 荒唐無稽なヒデミツ

カテゴリ:ヒデミツの恩人

 私が日大付属習志野高校1年9組の時、斜めうしろの席が佐野秀光くんでした。ほとんどの生徒は千葉県内からの通学でしたから、大田区出身の都内から通う彼は「なんでこんな所にきたのか」というのが第1印象です。東京のはずれから通学する変わった生徒でしたが、日常でも変わった人でした。遅刻は当たり前、ある時は髪型はリーゼントで決め、ある時は血だらけ頭はボサボサ。とにかく落差が激しいのです。伊達メガネでみんなを驚かすなど明るいキャラクターは、みんなの人気者でした。目立っていましたが、不良とか暴走族ではなく単なる変人でした。自転車で高校から船橋まで10キロを超える道を2人乗りで帰ったり、"青春時代"は荒唐無稽な佐野くんというのが、私が想い出すヒデミツくんなんです.........(続きは次号)。

同級生 井上満さん(A型しし座)談

※おことわり......できるだけナマの声取材のため、役職上仮名での登場の方もいらっしゃることをご了承下さい。